FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真理=神理⑪

本当かどうかは分からない
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

前回の続きです。
次にあの会の掲示板に載せた内容です。

今日,昼飯を食べながらスマホでこの掲示板を見て驚きました。2度とこの掲示板に投稿するつもりがなかったにも関わらず,4日前,1日午後10時半ごろ私が投稿しているからです。目を疑いました。

なぜ投稿したのか。
多分,このときかなり酔っていたこと,私の投稿直前の掲示板の内容を見てだと思います。
投稿の内容が酔っていたせいでしょう。内容が足りません。私の投稿に管理人のコメントもあります。載せてしまった以上内容に責任があります。
改めてコメントに対してもきっちり書かせてもらいます。

<政宗さん、貴方は教職員で年収が1000万円前後は有りますね。>
<公務員の中でも高給を支給されている貴方>
残念ながら私には1000万前後は有りませんでしたね。東京都のように潤っている都道府県では有りえるかもしれません。
公務員の中でも高給を支給されている貴方これは私でも知りませんでした。公務員といってもかなりの種類があるのに,何故あなたにわかるのでしょう。この2つの証拠が有るのであれば,提示してください。一方的に決めつけないでください。

<政宗さんが手術後の再発が進んでいて、何回ものお諭しを受けて落ち着きましたが、貴方が会に支払ったのは、勉強会の参加費の“喜捨”だけだったでしょう。
この期間に幾ら支払ってくれましたか?>
嘘はいけません。再発が進んでと書いてありますが私は再発もしてないし,進んでもいませんでした。それに,手術後,勉強会に参加するまでも回復はしていたのです。
多少良くなったような気分や感覚にはなったことはありましたがお諭しで落ち着いたという理由の客観的根拠はないでしょう。
勉強会でのお諭しですが,主な目的は,お諭の練習,実習会だったのでは有りませんか?
当然この実習も含めての参加費ではなかったのですか?
救うためのお諭しがメインではなかったはず。
尚,勉強会のお諭の時は,私は,お諭しを受けるより鏡役として救う側の役割をしていることが多かったはず。だとすれば私にも支払っても良いのではありませんか?
私が一方的に悪者になるように書いていますね。

“情けない”
<こんなに安い金額で、開運を受けてくれる所が有ります?>
<この安い金額でのサービス提供を、何をもって批判するのですか?>
お金をいただくことが情けないと言っているのではないのです。
癌が良くなったなど,救われたと思い,感謝があれば,お金のある人であれば,100万でも1000万でもいくらでも払う人がいるでしょう。
金額が高い,安いも関係ありません。

情けないと思うのは,最初にお金があることです。
金額決めてお諭しの回数を決めてお諭しをしようとしている。もう行っているのかもしれませんね。
これは,もう商売ですよね。このことが
“情けない”
なのです。

もっと,言いたいことがありますが,終わります。

※マサムネの名前でブログを書いています。
この内容が削除されても私のブログには載せておきます。
ヤフーからこの掲示板を検索していくとすると私のブログも簡単に見つかります。

これに対してのコメントがありました。


(管理人) ・・
政宗さん、再発の件は貴方が初級者勉強会に参加した最初の写真の顔と、終了の会の写真の顔を見たら一目瞭然でしょう。
勉強会の中でも顔の火照りや辛い事を言っていますね。
これは全てDVDに記録して配布しているのですから、御覧になって下さい。

お諭しの中でも、大勢の恨みの霊が次々に出てきましたね。

鏡役を始めて暫く経ったときに、もう霊を制御できると自惚れて、直後に制御が効かなくなって酷い目に遭いましたね。
総てを忘れてしまいましたか?
DVDに記録されていますから、改めて見たらいかがですか?

『真理=神理』の研究会は、何処からも資金が入らない独立した団体ですよ。
設備も必要だし、職員もいますから、その人達の生活を支えなくてはなりませんね。
だから、指導してお金をいただくのは当然な事ですよ。

後から幾らと言うのでは、困っている人の足元を見る事になりますから、依頼者は不安でしょう?
だから、明朗な表示をしているのですから、貴方の批判は的外れですよ。

不幸で苦しむ人は、過去世に積んだカルマ(他人から恨まれる事)が原因になっていますから、それを解消してあげるのには、無料でして上げるとカルマの付け替えが起きるのです。

教員の給与が一般公務員よりも高いのは、人材を集める為ですよ。
調べれば直ぐに解りますよ。

当会の活躍している会員も、職員も、貴方の年収の4分の1位で頑張っているのですよ。

貴方のブログなど興味は有りませんから、見る気はありません。
貴方も此方など見ないで、浅はかな投稿などしないでくださいな。


だそうです。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。



スポンサーサイト
[ 2016/10/12 00:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

本当かどうかは分からない
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

今,ユーチューブで“ソウルとんねるず”を見ていました。
懐かしい。
そして,ディスコで自分も踊っていいたときを思い出しました。
体がリズムで揺れます。

その時です。
突然はっきりと頭に響いた声がありました。
それは。

“ゆれ”
という言葉です。

私は“ゆれ”なのだそうです。
なんのことかさっぱりわかりません。

過去にも“相棒”に関して後からわかったこともあります。

この“ゆれ”も後からわかることなのでしょうか。
今は,わかりません。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。


[ 2016/05/11 22:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

なにが正しくて,何が間違い。2

本当かどうかはわからない。
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

「なにが正しくて,なにが間違い」
の続きです

戦争について絶対悪ではないと書きましたが。
私個人は,戦争が正しいとは思っていません。絶対悪ではないと述べたのです。
誤解がありませんように。

何が正しくて,何が間違っているのか。
絶対善,絶対悪はない。
どっちも正しく,どっちも間違っている。
この理屈が人間界のすべての行動の原点になれば,簡単に人間界の秩序は崩壊するでしょう。
そして,秩序の無い,無秩序の世界になってしまいます。
そのため,過去は支配者が,良いか悪いのかはわからないが,基準をつくり秩序を保ってきました。
そこには,人の感情や,哲学,宗教など諸々の事が絡んできたのでしょう。
そして,世界中のあらゆる場所で,その場所によって基準が創られた。

現代,近代では,その秩序を保つためにあるのが“法”だと思います。
神々の世界に絶対善,絶対悪は無くても,人間界では,善悪を決める基準が“法”でしょう。国際法,憲法,法律,条例,細かなことを言えば町内会の取り決めなど。

某近辺の国では,法(国際法など)を(国民の)感情で覆すことをする司法が存在するようです。神々の世界では,関係ないのですが,人間界ではどうなのでしょうか。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。
[ 2016/04/25 00:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

川中島

本当かどうかは分からない
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

前回の続きです。
善光寺を参拝した後上田城に向かいます。
高速に乗る途中に川中島合戦の古戦場を通ります。
そこは,通り過ぎながら眺めるのだけにする予定でした。
それが,これからの予定に余裕があったことと,私が,できれば寄りたいと思っていたこと。
そして,多少相棒もそう思っていたようです。
計画を変更して,立ち寄りました。

この地には,武田信玄と上杉謙信が一騎打ちの像があります。
そのことは相棒は知らなかったらしく,喜びながら写真を一生懸命とっています。

私はそこにある八幡社に向かい神社にお参りし,その後,御朱印をいただき,車のある駐車場に向かいました。

以前の私には頭の中に言語のようなやわかりやすい具体的なものが入ってきたのですが。
最近は,イメージ,言葉にはできない感覚的なものとしか表現できないのないものが入ってきます。
それが‟聞こえたとという感覚”です。
感覚だけなのです。

それが、一番わかりやすいように川中島の古戦場の場で起こりました。

それは,御朱印をいただいたあと車のある駐車場に向かったときです。
その途中です。
突然,全身が強い寒気におそわれました。
そして,頭の中にです。
‟助けて。”
という声が聞こえたような感覚になりました。

私が助けるような力があると思ったのでしょうか・・・。

そして,以前であれば,その声は聞こえたとはっきりとた言えたのですが。
今は‟聞こえたような感覚”としかいえないのです。
感覚だけなのです。

この時,私は以前の能力が無くなっている,落ちているのではないかと思いました。

でも,その前から頭に響く声からは‟心配するな,大丈夫。なぜ心配になる”
でした。


受ける方は感覚です。感覚です。
このことを理解することがで来る人は少ないと思います。

助けようとしても私にはあまりにも突然で準備ができていなかった。
いってきた感覚に訴えた最低のことが

‟明日まで待って。”
でした。

次の日は予最初の予定にはなかったのですが再びこの地に訪れることにしました。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。
[ 2015/10/30 23:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

久しぶりです。ひさしぶりでした。

本当かどうかは分からない
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

☆「久しぶりです。」
これは,このブログを書くのが本当に久しぶりだからです。
それは、最大の理由は、私が書けない状態,環境であったこと,そして,なかなか書く気が起こらなかった方ことが原因で半年以上この状態になりました。
なぜかという詳しい理由は,この後書いていきます。ちょっとこのブログの趣旨と多少はずれるかもしれませんが。
この経験も私にとっては,今は大きな進歩となっていると思っています。

☆「久しぶりでした。」
これは,神社に参拝に行ったのが半年ぶり以上になったことからです。
その理由は,このブログを書けなくなった理由と同じです。

「久しぶりでした。」というのは。
4月の終わりごろ,久しぶりに体の調子も良かったのでなんとなく秋田に行きたくなり,ただし,この時は、自動車を運転できる状態ではなかったので電車で出かけました。
秋田駅の近くにある「なかいち」で買い物をした後,近辺を歩いていると、近くにある公園,千秋公園でお花見やっているのが見えました。
軽い気持ちで花見でもしようかと千秋公園に向かいました。
お花見をしながら歩いていた時に見つけました。
この公園に,神社があるのです。
すぐそこに向かいました。
本当に久しぶりの神社の参拝です。
気分がすごく高揚していきます

神社の名前は「秋田神社」です。
地元に居ながら初めて参拝する神社です。
参拝している時に,頭の中に
“やっと来たか。歓迎する。”
このようなイメージが浮かびました。
私にとっては,この感覚は久しぶりでしたので,新鮮に感じました。
忘れていいたものを思い出してもらいました。
私にとってはとてもうれしいことです。

そしてその神社のすぐわきに「龍神」様を祭っていいました。
当然参拝させてもらいました。
ここでも龍神様です。
改めて私はなぜか龍神様との縁を感じさせられました。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。
[ 2014/06/07 22:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。