FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再び東北参拝①

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

東北参拝からほぼ1年後のことです。
山形県の吹浦駅に集合しました。
関西方向から男性2名,女性2名(この二人は親子です。)そして私の計5名です。
1年前のおこがましいことを行ったことをお詫びするための東北の神社めぐりです。

この吹浦駅に行くために乗った電車は,私にとってはとても感慨深いものでした。
以前あの会の勉強会に参加するために3年とちょっとの間いつも乗っていた電車だったからです。
以前と違い途中下車です。尚,あの会の代表は,同行した母親の女性を世界一の「霊能者になる。」と言いています。
言いっぱなしで,育てようとは思っていないらしい。
思い付きで言ったのでしょうね。

彼女に龍神さんがきたらしくそのことがきっかけでした。
彼女曰く「何かぬるっとしたものか入ってきた感覚だった。龍神さんのよう。」とのことです。

1日目は,
吹浦駅から近い鳥海山大物忌神社(吹浦)。
K君どうしても行きたいと言っている秋田市の青龍神社,私はインターネットで調べてこの神社は神社じゃない。とてもマイナーでお参りする必要はないと思うと言ったのですが、K君は絶対行くという固い決意があったようです。閃いたと言っていました。
私は地元でしたのであまりにもマイナーなので違うような気がしていたのですが,これはだめですね。先入観はダメなのです。ここでも教わりました。

青龍神社に向かいます。なかなか登り口が見つかりません。
やっと見つけました。
その神社は,神社というよりは祠,それもとても小さな祠です。
お参りした時の私の感覚ですが,
“今まで寝ていた青龍神さんが今目覚めて天に登っていく”イメージがわきました。
もちろん本当かどうかはわからないです。

この日は,何回かブログに載せている八竜神社,田沢湖の御座石神社にお詫びに行ったと思います。
龍神さんの関係からこの神社のお詫びでした。

“思います。”と書いた通りこの二つの神社に関してはちょっと自信がありません。記憶があいまいです。

続く

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
[ 2013/08/21 21:25 ] 龍神 | TB(0) | CM(0)

魂のルーツ2

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

本宮神社
黒又山頂上本宮神社

air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

東北神社参拝3日目黒又山に登ります。
近くに駐車場のようなところはありません。
登り口には,鳥居があり,そのわきに空き地があり,そこに車を止めておきます。
メンバーの一人がトイレに行きたくなり、近くの民家にトイレを借りに行きました。

黒又山は日本のピラミッドといわれているだけあって四角推に近い形です。
山を登っていきます。山全体に杉の木が植えられており,その根が階段のようになっていて登りやすいのです。
たった一人の女性は,前もって山を登るぞと言っておいたのにハイヒールでした。それで遅れてきました。そして一人は録画用のものを車に忘れたと取りに戻り,2度上る羽目になりました。

登山時間そのものは15分ぐらいです。結局最初に頂上を散策したのは私ともう一人の2人です。
頂上には小さな神社があります。その周りを2人で歩いていた時に,それは起きました。
中に入っていいぞと頭に響いた声ありました。
一緒にと歩いていたO君に「入っていいと言われた」と告げて,本宮神社の入口に向かいました。
神社の入口の戸に手をかけ開けるときは,さっき頭に響いた声が本当なのか。ドキドキものでした。

戸は開きました。

この後3度お参りに来ていますが,鍵がかかっていて戸が開いた事がありませんでした。この時だけです開いたのは。
中に入り,中にあったろうそくに火をつけ,お参りします。
その時何とも言えない感覚が起こりました。
とても懐かしい感覚になり,
ここは,私の家,故郷,私はここにいたことがある。
そういう感覚です。

神社から外に出たときは,頂上にもう集まっていました。
外に出たとき,私はみんなに
「ようこそ私の家に」と言っています。
その時のことを唯一の女性が,〝ほんとうに神官が神社から出てくるようだった”と。
この人も霊的な能力があります。
トイレに行って後から来たK君も〝木漏れ日が私のオーラのように見えた”と。

ここにいる御祭神の方は私と因縁,関係があると言っています。

私はこの黒又山が私の魂のルーツだと思っています。
このことを私に伝えたくて,ここのいた方が「苦しい,苦しい」と言ってきたように思えて仕方ありません。

この後3回登っているのですが,その御祭神方がいる感覚が全くありません。
神社の戸も開かないのは当然なのでしょうね。
あの時だけの出来事だったのでしょう。

尚余談ですがK君がトイレを借りたお家からたくさんの栗をいただくといううれしい出来事もありました。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。

[ 2013/08/11 19:40 ] チャネリング | TB(0) | CM(0)

魂のルーツ番外

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。


3年前の10月の連休に山形県の鶴岡市の道の駅に集合しました。
関西から男2名,東京から男1名,女1名そして私の計5名です。
おこがましいことを行うための東北の神社めぐりです。
(この後は,神社を救うなどと大それたことを書きたくないので,単にお参りにします。)

1日目は,山形県のこのブログに何度も出てくる出羽三山神社,以前書いたようにこの時に,御祭神は我々の行ったことを怒っておられた。そして,鳥海山大物忌神社(吹浦),秋田県の田沢湖にある御座石神社,そして以前のブログ“秋田県にヤマタノオロチ”に載せた八郎潟の八龍神社をお参りしました。

2日目は,秋田市の古四王神社,青森県のこのブログの書き始めのころに載っている岩木山神社,十和田湖神社を参拝しました。

3日目は,秋田県の黒又山の本宮神社,岩手県の駒形神社,宮城県の塩竈神社をお参りしました。

この3日間いろいろありました。
御座石神社と八龍神社はペアでなければいけないとか。
八郎潟の八幡太郎と田沢湖の辰子姫が夫婦だったことからか?(本当かどうかはわからない)
岩木山神社の御祭神と私の御本体が対立していのが仲直りしたとか。
その後、岩木山神社に参拝したとき、御祭神を救ったことも含め,岩木山神社の御祭神には「あの茶番か」の一言で済ませられてしまった。
また,関西から来たK君に審神者としての能力が強められたこともありました。

このときに東北6県の1つ福島県には行っていなかったのです。
“同じ東北なのになぜこないのか”というようなことがあったようで,その他にもまだいろいろあって福島県の伊佐須美神社に行くことになりました。
私は,多少の違和感がありましたが。

伊佐須美神社のお参りは同じメンバーです。
お参りが終わり,最後のご挨拶を行っているときです。
目をつぶっていると頭の上の方に光るものが見え,「ご褒美」という声が頭に響き,左の腰のところに何か長いものが押し付けられるのです。剣です。とっさに別のものがいいなあ思いましたがそのままです。
いまだにその剣の使い方がわかりません。もちろん本当かどうかはわかりませんが。

黒又山のことは次に書きます。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。


[ 2013/08/01 15:57 ] チャネリング | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。