FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

皇祖皇太神宮のお札の力①

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

皇祖皇太神宮に参拝した日の前日に参加したヘミシンクのセミナーでは、いろいろな体験ができました。
特に“エネルギー変換ボックス”から真っ黒い人のようなものが出てきたときは,「えー」と思わされました。
楽しかった。

ところが,皇祖皇太神宮に参拝した次の日から2日間参加したセミナーは最後のセッショッン以外さんざんでした。
フォーカス27を体験し,フォーカス23に捕らわれている方を救うという体験を行うセミナーです。

初日のフォーカス21では,がれきのイメージだけ,フォーカス21にいるのかさえも自信がありませんでしたし,2日目もフォーカス27に行ったかどうかもあやしく,そのときイメージできたのは“塔とらせん階段”のイメージだけで とてもとても拠点になるマイハウスをもったり,救出活動なんてできません。
こんなことは,セミナーに参加して初めてのことでした。
セッションが進み,残りが2つのセッションになり,そのセッションというのが,3日前,皇祖皇太神宮に参拝する日の前の日の行ったセッションと同じ内容です。
“エネルギー変換ボックス”から黒い人のようなものが出てきたときのセッションです。
この時も,同じセッションであるのにかかわらず以前のような体験ができません。
前と何が違っているのか,真剣に考えました。

閃きました。

カバンの中に皇祖皇太神宮のお札が入っていたのです。
これが原因だと気づきました。

ヘミシンクを行う時に,最初準備がいろいろあります。
その中の1つに身を守るために“エナジーバルーン(リーボール)”を体の周囲に作ります。
ということは,ヘミシンクを行っているときは,何かしら危険な要素を含んでいるのでしょう。
(個人的には,霊的な要素ではないかと思っています。)
“皇祖皇太神宮のお札”は,それらから,それ以上のことから私の身を守っていてくれたのでしょう。
それで上手に体験ができないのではないかと思いました。

そこで,最後のセッションが始まる前に,“お札”にお願いをしました。

「私を守っていただきまして,真にありがとうございます。それなのに失礼とは思いますが,次のセッションの間だけ私を守ることをお止めいただきたくお願い致します。」

最後のセッションでは,今までのことがうそのような,今までの分を取り戻してくれたような素晴らしい体験をしました。

次載せます。

起こったこと,与えられたこと,総べてのことを受け入れ神々に感謝します。
ありがとうございます。



スポンサーサイト
[ 2013/11/28 17:57 ] 神の力 | TB(0) | CM(0)

皇祖皇太神宮へ①

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。


DSC00232.jpg


air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

去年(2012年)の初詣は,1月8日に鹿島神宮,息栖神社,香神宮に行っています。
当初,茨城県の皇祖皇太神宮に行きたい。
そして,どうせなら3つ神社にも参拝させていたただきたいなあ。などと考えていましたが,とっても無理な計画です。
数多くの神社に参拝させていたくことにし,泣く泣く皇祖皇太神宮の参拝を諦めました。

でも,これは大正解でした。

この時のメモを失くしてしまったので,確信はありませんが,お詫び行ったとき,鹿島神宮と息栖神社の御祭神は怒っていたと思います。
香取神宮の御祭神は女神さまでした。
私の感覚です。

皇祖皇太神宮にはその年の5月1日行っています。
その日の前後は,ヘミシンクのセミナーに参加しています。

セミナーに参加することを優先したことで,皇祖皇太神宮に5月1日に参拝することになったのです。
偶然ですがこの日は月並祭の日でした。これが大正解の理由です。
まったく偶然です。

皇祖皇太神宮に行ったときには,月並祭の日だとはわかっていなかったのにもかかわらず,なぜか神社の戸が開いたのです。
おばさんみたいな方から,神社の中に入れていただき,「お参りにいらっしゃったのですかどうぞ。」と言われましたが,なにがなんだかわかりませんでした。
だから,大正解だったのです。
1月に行っていれば月並祭の日には当たっていなかったのです。5月1日に行ったからその日に当たったのです。

月並祭に参加しました。

皇祖子太神宮の参拝の仕方は4礼8拍手1礼なのですね。
神事の最中に,私の頭に響いた声がありました。
それは「富山に行くように」と。
これは私にとって凄いことでした。
多分,私のこれからの一生を決めるくらいのことです。

皇祖皇太神宮の行事のことです。
御神前に釜を置いて,祭事中にお米を炊くのですね。
それで占うのです。
それから御祈祷は,日本刀の真剣を使うのです。
日本刀を首に当てるのです。
凄いとしか言いようがありませんでした。

月並祭終了後,御札とご飯(祭事の時に炊いたご飯),塩をいただきました。

ご飯はその後の食堂で食べたかつ丼と一緒いただきました。
腹一杯です。


起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。
[ 2013/11/04 21:37 ] 神との交流 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。