PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真理=神理⑧(真理=神理のウソ)

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

久しぶりにあの会関することを載せます。

K君から電話がありました。
ほぼ3年ぶりの連絡になります。
まともに話をするのは,2人で関西,中国方面を行動していらいです。
本当に久しぶり,なつかしさを感じるほどです。
当然普通の挨拶から始まり,簡単に最近のお互いの近況報告。

本題です。
当然2人に共通する事柄‟真理=神理の研究会“に関することでした。
この内容をブログに載せても良い。載せてほしいようでした。

それは,あの会の会員さんから連絡があったそうです。
心配だったからでしょうね。

その方が別の会の会員さんから聞いたそうです。
その内容は,なんと,あの会の中では。
“K君は亡くなった。死んだ。”ことになっているとのこと。
びっくりですねぇ。
私との電話の会話では,幽霊の声には思えませんでしたねぇ。
あの会らしいことです。

確かにK君は死にそうになったことがあったそうです。
それは次の内容です。
‟従業員の方がタイヤ交換の時に締め付けが甘かったらしく,高速道路で左の後輪が飛ぶ,事故がたそうです。奇跡的に50mほど進んだところで道路の端で止まった。”
高速道路でタイヤが飛んだのですよ。
それなのに,後続の車に追突されることもなく,道路の端で止まることができた。
間違いなく奇跡です。

このK君に起こった事は,あの会ではわかってはいなかったようです。

ここからは私の妄想かもしれません。
そして,いつも書いている次のことを載せておきます。
本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

K君は,あの会を辞めるときに私たちを含めると私の場合は少し遅れての脱会でしたが,ほぼ30人の会員が一緒に脱会しました。
その中には,かなり金銭的に貢献した女性社長もいました。
その脱会に働きかけた一番の中心がK君です。
あの会にとって30人脱会は金銭的に厳しかったようです。
月にある勉強会,月に初級,中級,特別,3回ありました。すべてに参加する会員もいます。
私も脱会する直前までは平均月2回以上は,参加していました。
この会の勉強会に参加した最初の頃は“喜捨”の額は想念でした。
それがいつのまにか1回の勉強会の参加費用,喜捨が1万円以上になっていました。
そのことを,私はそうなったことは全く知らなかった。いつからそうなったのでしょう。

このことからわかりますか。年会費の収入もなくなるのです。
30人が脱会したら,どのくらいあの会の収入が減ってしまうのか。
実際,この後,本部,道場?が変わっていますね。
家賃が払えなくなって,安い方に移ったのでしょうね。

当然K君は怨まれたでしょうね。

本題に入ります。
以前,このブログに載せた内容です。

私に電話が来ました。留守番電話ですが。
あの会からです。「健康状態はどうですか。あなたの御本体が依頼に来ましたよ。」だそうです。
思わず笑ってしましました。私は健康でぴんぴんしているのに何で御本体が依頼に行かなければならないの?
ピントずれでしょう。

これと近いことが起こったのでしょう。
K君は何もないのに“亡くなった。”ことになっている。
もすごく元気なのに。
あの会はあの人はK君をかなり怨んでいる。

それと私が過去に載せたブログの内容にある黒い神霊と思ったこと。と同じことが起こった。

それくらいの,あの会の“彼”は霊的な力はあると思います。

K君の車の事故は,ひょっとしたあら,もしかしたら,
あの会の彼が
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
をしたかもしれません。

もしもこの内容が違っている。
変だと間違いなく言える方がいらしたらコメントください。

K君この内容が違っていたら教えてください。

私はK君から連絡をもらってとてもうれしかったです。
K君また,たいしたことでもなく,くだらないことでも良いです。
連絡ください。
私は待つ人なのです。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。

スポンサーサイト
[ 2015/12/14 22:33 ] 真理=神理 | TB(0) | CM(0)

五稜郭

本当かどうかは分からない
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

前回の続きです。
北海道神宮を参拝した後は,函館に向かいました。

この電車の中で悩んだことがありました。
この電車では,長万部駅のカニ弁当が注文できます。
大学生だったころ,北海道をサイクリングしました。
その時寄った駅で食べた弁当でした。
米よりもカニ肉の方が多いと思うくらいの弁当でした。
うまかった。
だけどちょっと考えました。
あまりにもなつかしくてこの弁当を食べたいと思ったのは本当です。
この弁当を食べてしまったら函館で食べるものが腹いっぱいで美味しく感じられなくなるのではないかと思い悩んでしまったのです。
結局頼まないでしまった。
ちょっとだけ後悔しています。

せっかくの久しぶりの北海道です。特に函館は。
札幌には今まで,何度も訪れています。しかし,札幌に行くときは飛行機を利用しており,秋田から千歳空港,すぐ札幌です。
そのため,函館は大学時代にサイクリングで訪れた以来,立ち寄ることも通り過ぎることもありませんでした。
当初,函館も一泊して自宅に戻る予定でした。
そして,少しぐらいは函館観光もしたい気分もあったので事実でしたので,電車に乗っている途中の天気予報を調べると函館は次の日は晴れでした。
このことで2泊すること決めました。
そのおかげで次の日の夜は,函館山に行き函館の夜景を見ることができました。

函館についたその夜に一杯飲みに行きました。
めずらしい“根ホッケ”食べさせてくれる店です。
根ホッケの刺身と焼いた小を注文して食べたのですが,この根ホッケの小が小ではなかった。
これを食べてアルコールを飲んだだけでもう何も口にすることができ無くなってしまうほど腹いっぱいになった。
そのとき,2泊にして良かったと思いました。
食べたいイカはどうする,他の海鮮物はどうする,・・・・・
2泊したことで次の日があるのです。
それが良かった理由です。


【だまされました。】
だまされたというのは御幣
函館2日目です。
五稜郭に行きたく,JRの函館駅から五稜郭駅に行きました。
五稜郭駅という駅名なので五稜郭の近くにある駅だと思っていたところ全く違っていました。
普段であれば調べてから行動するのが私の行動パターンだったのですがJRの駅名だったので信用して何も考えず函館駅の電車に乗り五稜郭駅に行きました。
びっくりです。
駅で案内板を見たら五稜郭までは遠いことがわかりました。
歩いていくにはちょっと遠すぎます。
真っ先に思ったのは,駅名に“だまされた”でした。

しかたなくタクシーで五稜郭タワーに向かいます。
タクシーの運転手さん聞きました。
同じのようにタクシー頼む人が多いそうです
それは
・私のように駅から。
・五稜郭に向かって歩いている方から。(しかも赤ちゃんの載せ車押しながらの方も)

五稜郭タワーに昇ります。

五稜郭タワーから五稜郭見ていた時です。
それは起こりました。
私の体が止まりました。(こんな表現しかできません。硬直した。立ち止まった。動けなくなった。ぼうーとした。そんな状態です。)

その感覚の中で2つあります。
頭に響いた“声”“感覚”です。

1つ目は“私たちは,悪か。教えてほしい。“
2つ目は“私たちは無駄死にしたのか。”

そんなには強い思念は感じませんでした。
わかっているのに確認したいような感じでした。

私が答えることの内容はわかりやすいことです。
相手はもうわかっていることを答えているからです。
「あなた方が戦ったから今の日本がある。あなた方が戦わなかったならば今の日本があったのでしょうか。戦った理由はわかります。だから戦ったのでしょう。だからこそ無駄死などというありない。」
その後です。
「わかった。ありがとう。」
響いた声です
ちょっと私の思いとは違っていたところもあるのですが・・・

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。

[ 2015/12/07 23:41 ] 歴史の残り | TB(0) | CM(0)

函館

本当かどうかは分からない
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

前回の続きです。
北海道神宮を参拝した後は,函館に向かいました。

この電車の中で悩んだことがありました。
この電車では,長万部駅のカニ弁当が注文できます。
大学生だったころ,北海道をサイクリングしました。
その時寄った駅で食べた弁当でした。
米よりもカニ肉の方が多いと思うくらいの弁当でした。
うまかった。
だけどちょっと考えました。
あまりにもなつかしくてこの弁当を食べたいと思ったのは本当です。
この弁当を食べてしまったら函館で食べるものが腹いっぱいで美味しく感じられなくなるのではないかと思い悩んでしまったのです。
結局頼まないでしまった。
ちょっとだけ後悔しています。

せっかくの久しぶりの北海道です。特に函館は。
札幌には今まで,何度も訪れています。しかし,札幌に行くときは飛行機を利用しており,秋田から千歳空港,すぐ札幌です。
そのため,函館は大学時代にサイクリングで訪れた以来,立ち寄ることも通り過ぎることもありませんでした。
当初,函館も一泊して自宅に戻る予定でした。
そして,少しぐらいは函館観光もしたい気分もあったので事実でしたので,電車に乗っている途中の天気予報を調べると函館は次の日は晴れでした。
このことで2泊すること決めました。
そのおかげで次の日の夜は,函館山に行き函館の夜景を見ることができました。

函館についたその夜に一杯飲みに行きました。
めずらしい“根ホッケ”食べさせてくれる店です。
根ホッケの刺身と焼いた小を注文して食べたのですが,この根ホッケの小が小ではなかった。
これを食べてアルコールを飲んだだけでもう何も口にすることができ無くなってしまうほど腹いっぱいになった。
そのとき,2泊にして良かったと思いました。
食べたいイカはどうする,海鮮物はどうする,でした。
2泊したことで次の日があるのです。
それが良かった理由です。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。

[ 2015/12/07 22:23 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。