FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

過去の九州での出来事

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

2011年8月11日に“真理=神理の研究会”の掲示板に載せたものです。

ある本を読んでいました。
その本は、宮崎県の高千穂神社についても書かれているのです。また、高千穂峡の写真が載っています。
それを見ていたら、突然、その場所に行きたい。高千穂神社に行きたい。という衝動に駆られた自分がいました。

旅行会社に問い合わせました。
ぎりぎり、パック旅行の締め切りに間に合うというとのこと。運が良かった。

中略

この旅行中、いろいろ感じたことがあったのですが、特に私の感覚に響いてきた場所、内容について報告します。

【霧島神宮】
当初この旅行は、特級勉強会後の8月1日から3日まで予定でした。
それも、2日は職場に行かなければならない日でしたが、4日と交換してもらったからできた事でした。
どうせ九州に行くなら、霧島神宮にも行ってみたいなあ。などと軽く考えていたのですが、“絶対、行くように”と何回か頭に響いた声がありました。
3日間ではとても無理な日程でしたが。
なんと、4日も仕事を変わってもらえることになって行けるようになってしまいました。

レンタカーで霧島神宮に向かいました。
霧島神宮に間もなく到着というとき、やわらかな口調で“よう来た。よう来た”との声、そして、立派な御神霊のお二方が、にこやかに談笑しているイメージがうかびました。(どんな方々かは、何となくわかりますが、確信はありません。)
そして、神宮に入り、本殿に向かって参拝をしているとき、手を差し伸べるように指示され、その通り手を差しのべました。
あたかも握手をしているような感覚です。
尚、なぜか、このときは、周囲に誰もいませんでした。

【天岩戸神社】
西本宮の参拝を終えて、周りの写真などを撮っていた時に、本殿の隣にある小さな御社が目につきました。
かなり気になりしばらくながめていました。
その御社の前の階段の真ん中に気付いてくれと言わんばかりの蝉の死骸がありました。
それで、その御社に参拝することにしました。
お参りをさせていただいていたとき、“苦しい、苦しい”と言ってきました。戒告を与えたりしていませんでしたか。と尋ねると、していないとのとのこと。
お守りを使って救わしていただきました。
近くにある天の安河原にも行きました。
ここは、神話的にはすごいところなのかもしれませんが、私には暗くて嫌な場所のように感じ、早く戻りたい気分になったのです。
願いを込められて置かれた石が、賽の河原に近いものを感じてしまいました。

【高千穂神社】

中略

本殿を参拝した後、○○が言われる神武系の方が白山系の方を踏みつけている事を表している彫像があるという本殿の右側に向かいました。
そこにある彫像を、目にした瞬間、いきなり私は“うえー”と、うめき声のような声をだしてしまいました。
受けたのは、一瞬でしたが、何かすさまじい波動を受けた感覚です。
その一瞬は、上手に表現できませんが“恐怖、怨念、残虐”のような感覚がありました。その後は、普通でしたけどね。

上記以外の場所、高千穂峡、幣立神宮等などいろいろ回りました。高千穂での宿は、離れに一人で泊まるなど贅沢な気分になったこともあり、とても楽しい九州旅行でした。
そして、九州最後の夜は、九州の○○さんとお神酒?を通して素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。


この投稿で2つのことが気になっているというか。感じるものがあります。

1つ目は
霧島神宮に間もなく到着というとき、やわらかな口調で“よう来た。よう来た”との声、そして、立派な御神霊のお二方が、にこやかに談笑しているイメージがうかびました。(どんな方々かは、何となくわかりますが、確信はありません。)
と書いていますが,今はわかります。

霧島神宮の御祭神と岩木山神社の御祭神です。
私を通して二つの神社の御祭神が・・・・・。(うまく文章では表現できない。)
本州のほぼ最北端と九州のほぼ最南端の神々の接触です。

岩木山神社に参拝した時に訊ねたのです。
「霧島神宮で談笑していた方は,あなた様ですよね。」(ちょっと失礼)
「その通り」と響いた声がありました。

2つ目は、
「高千穂神社の本殿を参拝した後、○○が言われる神武系の方が白山系の方を踏みつけている事を表している彫像があるという本殿の右側に向かいました。
そこにある彫像を、目にした瞬間、いきなり私は“うえー”と、うめき声のような声をだしてしまいました。
受けたのは、一瞬でしたが、何かすさまじい波動を受けた感覚です。
その一瞬は、上手に表現できませんが“恐怖、怨念、残虐”のような感覚がありました。」


このときはこれで終わっていますが,すごく気になるのです。これで終わりなのかと。
神武系の方が白山系の方を踏みつけている事を表している.
これは本当?

このことは、今は、はっきりとした確信がありませんが、皇祖皇太神宮に参拝いた時に,いただいた啓示と絡んでいるような気がしています。
いずれ書きます。(これが多いな。)

今,考えているのは,もう一度九州へ行こう。行かなければならない気分になっています。

いずれは皇祖皇太神宮のとの関わりも書く予定です。

この投稿したころからころからでしょうね。
私の“会”での修業が終わることになったのは。
実際,2ヶ月後脱会しています。


今書いていることは過去を絡めた、現在進行形なのです。

起こったこと、与えられたこと、総べてのことを受け入れ神々に感謝します。
ありがとうございます。

スポンサーサイト
[ 2013/04/22 20:04 ] 神との交流 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/18-ba280398













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。