FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平将門⑤

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

首塚平将門公の首塚


air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

先週東京へ行きました。

当初,純粋に遊びに行く予定でした。
なぜかしっくりきません。
仕事の関係も人間関係も何かちょっとしたことがうまくいかず,常に心が重い感じで何か引っかかる感じがあるのです。
新幹線に乗っているときに気づきました。
“何かやることがあるだろう。”と,そうです。
平将門公に感謝しに行こうと思いました。
そしてその時間があったのです。
新幹線の切符を買う時に,なぜか朝ゆっくりしたい私がなんとなく,買わないといけないような気分になり1つ早い切符を買っていたのです。
不思議。

東京についてからすぐ,将門公の首塚にむかいました。
首塚でお参りをさせていただきました。
ブログに書かせていただいたこと,私の向上に力添えをいただいたことに感謝させていただきました。
すると、私が上に上がる。
浮くような感覚です。
両腕を支えられ持ち上げられるような感覚です。
持ち上げてくれた方は,とても大きな方,でかい方のイメージがわいてきます。
将門公です。
豪快な方で大笑いします。
「わっはははは,そちには感謝する。わっはははは。そなたを上げてやる。」
そして,「神田明神に行け。」
とも言われました。

すぐに神田大明神に行きます。

神田大明神は平将門公の鎮魂としてたてられた神社です。
本殿でお参りさせていただいときは,私に感じるもの,響くことは何もありませんでした。
「あれ」と思いましたが,裏に稲荷さん2つあります。
閃くことがあってそこをお参りさせていただきました。
1つのお稲荷様はちょっと高飛車でした。
2つ目のお稲荷さんは,子供言葉で「僕たちはね,守っていたんだよ。輪を作ってね。それがよかったんだよ。」と。
どういう意味かは、今の私にはわかりません。

ただ、わかることは,狐さん世界はなくなっていないことだけはわかります。
今も霊的な狐さんたちは活動しています。

平将門公に感謝いたします。ありがとうございます。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。

スポンサーサイト
[ 2013/07/06 19:45 ] チャネリング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/29-4e7918c8













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。