FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入院

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

意識不明,病名脳膿症で東京大学付属病院に入院してから1年以上たちました。
入院中に起こったこと,考えたこと,気づいたこと,感じたことを載せます。

【目】
意識が本当にはっきりした時気づいたことがありました。
それは,片目の目上,瞼に絆創膏を縦に貼っていたことです。
意識が戻った最初のころは全く気付いていませんでした。
絆創膏が必要だった理由は,絆創膏を貼っていないと目を開けていられなかったからです。
片目の私にはつらいものがありました。
それに,この状態がこれから一生続くのではないかという不安にも囚われました。
目に関したことについて,当初全く教えてもらえませんでした。
また,看護師さんから聞いたところ目の診察が受けるのは難しいと言われました。
実際,外来の患者は,3カ月以上待たないといけないとのこと。
たった1度だけ,脳神経外科の先生から点滴をされるとき,ついでに教えてもらいました。
それは,手術した脳の位置は目とは関係ないと。そして2、3か月後には元に戻ると。
結局,退院した3日後には完全ではないが,目を開けていられるようにはなりました。
ただし,目が,特に目のこめかみ側の付け根がかゆくてたまらなくなるのは変わりませんでした。

東大付属病院を退院した後,やっと診察を受けることができました。
秋田大学付属病院,私の担当の先生の紹介でした。
3回も診察を受けました。
最初,若い先生の診察でした。
その先生は,かなり困った顔をしていました。
私の目の状態は相当悪いように思わされました。
再度の診察になり,年配の先生に代わりました。
診断は,軽い白内障,重度のドライアイで,現時点では,病院では治療としては何もできないとの話でした。
3度目は,再び最初の若い先生でした。
白内障とドライアイの薬を処方されました。

最初は約1か月おきの診察でいたが,だんだん良くなってきたようで現在は約4か月おきになっています。
今は,目はきれいになっていて,白内障の症状はないそうです。
ドライアイは治ることはないとのことですが,その症状はほとんどなく,前は目がつらくなると処方された目薬を使っていましたが,今はほとんど使うことはなく、安心料の意味で目薬を処方してもらっています。
同じ病院にある理容師さんと髪を切ってもらいながらお話していると,理容師さんから
白内障が治ることは無い,ドライアイが急に良くなることは無く,悪くなるのを薬で抑えるのが普通のようだよ。と理容師さんにお話いただきました。
私の場合は・・・・プチ奇跡?

【リハビリ】
意識が戻ってから,リハビリが私は始まったと思っていました。
後で私の担当の方から教えていただきました。意識不明の時もリハビリをしていたと。
その内容は,寝ている私の足と手を伸ばすだけだそうです。
リハビリは平行棒のようなものを使って歩くことから平行棒の脇で足の屈伸を行うことから始まったように思います。自分では,意識不明になってから横になっていただけだったので,意識不明のときの記憶が抜けています。そのため,私の感覚としては意識不明になる前のままの感覚です。そのせいでしょう,私は普通に活動できるつもりでいました。それには無理がありました。
特に片足立ちでした。
退院後,実感したことがあります。
それは,風呂に入って上がるときです,下着を履くときに片足立ちになります。その時,退院したての頃よろめいて倒れそうになった怖い思いをしてことを覚えています。

【東京大学付属病院】
多分日本1の総合病院。私の叔父がタクシーの運転手さんに私の話をしたら,東大病院でダメならどこの病院でもダメだよ。と話してくれたと教えてくれました。
○男性の看護師さんが多い。
○ほとんどの女性の看護師は美人,かわいい方でした。
○食事がおいしい。今まで入院した病院では1番でした。(このことは後で書くことがあるかも)
○若いお医者さんに○○○○の先生が多い(さて,何でしょう)叔父,叔母に言わせると看護師さんにもいるようです。
○意識が戻ってから1度も正式きちんとした正式な診察を受けなかった。

【入院中の霊的なこと】
病院なのでいろいろありそうなのですが,東大病院に入院して,私が自覚しているのは1度だけでした。そして,病院とは全く関係ない方です。
それは,私とかなり近い親戚で自殺した人です。
その人には,私の記憶は薄いのですが,小さい頃本当にかわいがってもらったそうです。おもちゃとかよく買ってもらっていたそうです。
教職に就いた年度の終わりごろ,なぜか呼ばれてその人に会いに行きました。浴びるように焼酎を飲んでおり状態は鬱のように見えます。そして独り言のように私に話してきます。それでも昔のことなどいろいろ話しているうちに上手に言えませんが,すごく親近感,身近な存在,懐かしい感じがしたのも事実です。

その方が来ました。
私が今の状態を何とかしてくれるとわかったから来たそうです
井戸に逆さまに吊るされて脅えている。
そして、井戸の底には,多くの汚い魍魎が上をうかがっているイメージがわきます。
助けてほしいと・・・。
まず,その状態になったのは,あなた自身行ったことからが原因であることを話し,思い当たることがあることがあることを確認してもらい,特に自殺をしてことは,神と親からいただいた命を粗末にしたことが罪になること。それで今の状態になったことを話し,そのことをお詫びするように,そして,その状態があなたの進歩のための修行になっていること,そのおかげで私のところに来ることができたことを神々に感謝するように促した。
そうすると,わかった。と言って,その場所から抜け出していったようでした。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
[ 2014/12/27 21:11 ] 神社 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/55-7d17e142













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。