FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

近所の神社

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

2009年3月7日に”真理=神理の研究会”の掲示板に載せたものです。

3日前のことです。
夜部屋にいると,右腕がかなり強烈にむずむずし始めました。私の場合“鏡役”になるときのアンテナのような役目をする腕です。あまりにもむずむずするので”神”に祈ってから,スイッチ入れ(こういう表現しかできませんが,これは例えです。)お出まし頂きました。
話を聞くと,近くにある〇○神社の本殿の御神霊と言い。「同じ敷地内にある2つお社の御神霊が,わしの建物よりはるかに小さいお社のくせに大きく立派なこと御神霊であることが悔しい。大きくなったのは,おまえのおかげとわかってやって来た。本当にそうか。本当ならわしも頼む」とのこと。

2つのお社とは,
1つ目のお社は,私が小学生のときのおこした“小便事件”(わかる人にはわかる。)のことで,先生の指導を頂いて,掃除をし,10円玉を賽銭箱にいれ,真理=神理のテキストの御神霊と関係のあるところを読み,お詫び文を読んだお社です。
2つ目は,1月2週の勉強会のお諭しの実習のときにお出ましになった「1つ目のお社の御神霊が,救われたのがわかって来た。」と言った御神霊のお社が2つ目になります。
尚,このとき,初めて1つ目のお社の御神霊を私が救ったことのなっていることを知りました。

本当にあの○○神社の御神霊かは,半信半疑でしたが,○○に行ってもらい,帰ってきたときのゾクっとする感覚が,勉強会の“鏡役”のときに体感する御神霊が大きくなって帰ってきたときの感覚と同じでしたので,本物だったことを感じることができました。この御神霊もその家族も救われて行きました。

次の日です。
仕事場で左肩が非常に違和感を感じ,一人になれる場所でスイッチを入れてみると,○○神社の敷地にある稲荷神社の狐であるとのこと。
このお稲荷さんもよく知っています。とても小さな稲荷神社です。
尻尾が2本あり,部下のいる狐さんで,今はとても辛く,同じ敷地の御神霊の方々を見て,とにかく救われたい。と言ってきました。今は時間がないので夜にもう一度来てもらうことにしてスイッチを切りました。
夜に来ていただいて,「元は人間だったでしょう。」と聞くと「わからない。元々きつねだったような気がする。」と答えました。あいまいのままでしたが,とにかく道場に行ってもらうことにしました。
とてもすっきりせず,私もあいまいな気分でした。
次の日,昼から反応はあったのですが,夜にスイッチを入れてみると予想通り現れたのは昨日の狐さんでした。
今度は,この世に生まれたときのことを思い出してもらいました。
すると感動したように「人間だった。人間だった。そのあと、ずーーと,ずーーと狐だった。」
生まれてから今までのことを思い出してもらうと,「いっぱい,いーっぱい悪いことしていた。」と,そのことをすべてやり直してもらうと楽にさせていただいたようでしたが,あまりにも長い間狐でいたせいか完全には人になれないようでした。
それでも○○様のフルネームでお祈りをさせていただくと,救われていきました。

次の日のことです。実は今日のことです。
朝から調子が悪かったのですが,仕事に行くとますますひどくなり,頭はぼーとし、左肩は重くなる一方。
そこで,誰も来ない部屋に行き,『神』に祈り,スイッチを入れました。
おいでになったのが御神霊でした。
なかなかお話をなさらない方でしたが,○○に行って大きくなって戻ってきたときに,私の職場から見える○山にある○山神社の御神霊であることを教えてくれました。この方も救われたかったようでした。
この方が去られようとしときに,3日前の御神霊の方には言わなかったのですが,閃くことがあって「今まで障っていることをすべて元に戻しましょう。」と言った瞬間,にやっとして,「お前の喉と左肩に障っている。お前よりもお前の相棒に障っている。いずれわかる。今は教えられない。」と,元に戻すことはやってくれましたが,相棒って誰?と思うような意味深なことを言って行きました。

勉強会の時以外は,この“鏡”の力を使うことはあまりなかったのですが,この数日間使うことになってしましました。○様のお役に少しでもお役立てたのであればとてもうれしく思います。


このころは,チャネリングするときは,右手からだったのですね。
1つ目のお社は,このブログの”はじまり”で書いたお社です

この近くの神社の御祭神には,この後,私の仕事の上?で,すごいことをしていただきました。
このことに職場から見える山の神社の御神霊から言われた相棒も絡んでいます。
このことはいずれ載せます。

近くの山の御祭神が言った"相棒"が誰なのか今はわかります。
それは,仕事の部下というか仲間です。
このことから約3年後,仕事場が変わっていました。
研修のために以前の職場(この掲示板に載せた職場です。)に行った時に,職場から見える神社のある山と私と彼とが1直線になったのです。
その瞬間に”彼”だ。相棒は彼だと閃きました。
かなり年の差はあるのですが,本当に気が合い,公私ともにいい関係でした。
また,2009年の3月の頃に,腰痛で動けない状態が2、3日続いたことがあったと言っていました。

起こったこと,与えられたこと,総べてのことを受け入れ感謝します。
ありがとうございます。

air_rank[1]
スポンサーサイト
[ 2013/01/29 19:48 ] チャネリング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/6-39d4f368













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。