FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自己紹介③

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

今更ながら自己紹介です。参

【世界真光文明教団】
大学1年の時,世界真光文明教団に入会しました。
入会した動機は,霊的なこと,超能力,超常現象に興味があったからです。
教団に関した詳しい内容はここでは書きませんので,わからない部分はなんとなく程度で良いので理解してください。
最初の受講した初級研修では,御み霊をいただくことはできませんでした。
なぜかというと,この時の御み霊の申請した数が20体でその時の受講した人数が21人で,私が21人目だったからです。21人目の男になってしまいました。
2カ月待ちました。その間に,未組手なのに同じ大学の友人をお導きするというめったにないことをすることができました。こんなことは珍しいことだそうです。
お導きした彼と一緒に初級研修を受けるというこれも珍しいことだそうです。
そんな経験がありました。

【世界真光文明教団→陽光文明教団】
秋田市の拠点がまだ連絡所だったころ,初代様の養女様側が裁判負けたことで,教団名が陽光文明教団に改名するということがありました。
当然,秋田連絡所にも影響があり,看板を世界真光文明教団から陽光文明教団の看板を掛けかえることになりました。とても急いでいたことを覚えています。
看板の取り換えを所長,私ともう一人で行いました。

その夜それは起こりました。(多分,上記のことと関係があると今は思っています。)
それは,夢から始まります。
夢の中で,体育館に私はいます。
向こう側に友人とその友人の姉と2人がいます
2人に近づいて行くと友人が顔を下に向け,逃げるように戸口から出ていきました。
姉のそばに行くと,真剣な顔をして彼女が言います。
「私,今,すごく怖いものを見た。」と。

すぐに友人の後を追いかけました。
体育館を出ると何故か洞窟の中にいます。その洞窟も渦を巻いているような場所があったり,階段があったりするような変な洞窟です。その中を逆さまになったり,斜めになったりして進んでいきます。
そして,屋上のような場所に出ました。
そこでは,大きな太陽のようなものが浮かんでいて,それが近づいてきます。
それを私は両手を広げて受け入れます。
私に接触し時,暖かくとても気持ち良いと思いました。

その瞬間です。いきなり目が覚めました。いきなりです。
目の前に,真っ暗の中に何か見えます。
人です。
誰かが私の膝の上に横に正座になって座っているのです。
声を出そうと思ったのですが,金縛りなっていて出すことができません。
その誰かが,ゆっくり顔をこちらのほうに向けてきます。

やっと声が出るようになりました。
その時,大きな声で発した言葉。
それは「だれだ!」です。
その時は,そこにいた誰かは,間違いなく人だと思っていました。だから「だれだ」だったのです。
その後,その誰かの全身輪郭はぼやけて見え,一つの塊のようになり窓のある右の方にゆっくりゆっくりと動いていきます。
すごく長い時間に感じたのですが,実際は1秒か,2秒ぐらいだと思います。
体が震えてきたのを覚えています。

私の声を聞いて,母が箒を持ってやってきました。泥棒が入ってのだと思ったそうです。

あれを見ただけであれば,あれは幻覚だとも考えられますが,見えただけではなかったのです。
それは,人から肩を押されたりするとその後もその感覚が肩に残るでしょう。
明らかにそれと同じように私の膝に人に乗られていた感覚が残っていたのです。

この後,寝るときには,小さな明かりでも消さないでつけっぱなしにする習慣になりました。それは,今でも続いています。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
[ 2015/01/26 19:52 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/60-0f773d05













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。