PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近教師を辞めて思うこと

本当かどうかは分からない
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

教師になってからは忙しくて,本当に忙しすぎて眞光の道場にいくことたまにしかなくなりました。(無駄だと思うこともあり
年に1、2回)

教師という職業は,世間が思うほど楽ではないし,暇ではないのです。
特に中学校の教師は部活に,専門でもないのに担当になってしまうと不幸です。
若い教師はそれに反発できることはほとんどできません(秋田県だけでしょうか。)

好きでもない,やりたくもないと思っていても,困ったことに練習試合などがあると付き合わなければならない,行かなければならないことになります。
本来の休日であるはずの土曜,日曜もほとんど休めません。
本当にその部の活動が好きな教師でもかなりの負担です。

それなのに部の生徒の父兄は,それが当たり前だと思っています。

それは正しいのでしょうか。

父兄の方は生徒が中学で校では,1年から3年生の3年間付き合えばいいのです。
ほとんどの父兄は1、2年生の時は,ほとんどの親は関係なく過ごしていて、3年のときだけ付き合えばよいだけで良いので頑張りますし,一生懸命です。

では教師はどうでしょうか。

それがそのまま毎年続くのです。その学校に勤務する限り・・・・

しかも,その学校のだけではなく,ほかの学校に行ってもその部を持つと,父兄との付き合いからから,最初から始めていくことが続くことが多いのです。

これって違うと思せんか。

私が普段思っていることとちょっと違った内容になりました。
この部活動も与えられたものであることは間違いないのですが。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。

スポンサーサイト
[ 2015/05/09 01:38 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/65-b59f41cc













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。