FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一日一回のお諭し

本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

2009年9月16日に“真理=神理の研究会”の掲示板にのせた内容です。

現在進行形のことについて報告させていただきます。
7月の中級の勉強会の後のころです
久しぶりに“鏡”の反応があり,現れたのが狐さんで大勢の狐さんと一緒でした。500くらい(○○さんのところより1ケタ少ないです。)
その方々を救わしていただいた後だったと思います。
頭の中に聞こえてきた声がありました。
「1日一回お諭しをするように」
と,それから,勉強会に参加した日と仕事での○み会の日(神にお詫びしています。)以外は,毎日お出ましいただいてお諭しをさせていただいております。
たまに,お諭しの練習をしている時に,鏡の反応があり,そのときにもさせていただいております。

◎お出ましいただいた方の中で印象的だった方々(狐さんにだまされたのもあるかな。)
★狐さん
最初のころは,ほぼ毎日狐さんでした。
しかも1匹ずつ。勉強会に参加した時に,「まとめてきてもらったらいい」とアドバイスを頂きそれからは,狐さんが出た時はそのようにしている。
今も時々出てくる。

★自縛霊
私の自宅は川のすぐそばにあるせいか,入水自殺した方々5組。子供も一緒にという方もおりましたので5組です。

★○○憎しの方2名
“なぜ止めないのか”と言ってくる。

★私の住んでいる県の2つの○○の○○にいる御神霊1名ずつ
とても小さい方で,救われたがっていたようでした。(救わなかった。)

★埼玉の叔父に障っていた方々
叔父は大分前からひどい腰痛で辛い思いをしてしました。
貸し出し用のお守りをつけている叔父です。
前もって叔父には,お諭しすることを伝えておきました。
夜に「叔父を腰痛にしている方,お出まし下さい。」と指定してお出ましいただきました。そして,腰に障っていた方2名を救わせていただきました。
次の日,叔父に会って腰の具合を尋ねたのですが,あまり大した変化はないとのこと。
しかし3日後,私に電話してきて,
“いやー,本当に楽になった。全然違う”とのこと。
これで終われば良かったのですが・・・。

それは,叔父の話によると「腰が良くなって調子に乗りすぎた。」暴飲暴食を重ねたようです。
そのせいか,脳卒中寸前で倒れて入院してしまいました。
すぐ叔父と連絡を取り,お出ましいただき,お諭しをさせていただきました。
出てきたのは,先祖を恨んでいた武士の方8名(イメージできた)でした。
母方とはいえ,私の先祖にもなります。全員,救われていきました。
叔父は,検査の結果,脳に卒中の跡が残っていただけという,よい結果をいただき,2週間ぐらいで退院できました。

★仙台のホテルにて
仕事の関係で仙台に泊まることになったその夜。
いつも通りお諭したとき,お出ましなったのが,なんと
“伊達政宗と部下の片倉”
私が最初に掲示板に投稿した時に“政宗”の名で投稿したことが縁で来たとのこと。(本当だったんだろうか。)

★九州にて
仕事の関係で九州に行くことになり,出発する日の朝,いつものように仏壇でお祈りしていると,頭に響いた声がありました。
「九州に行っても一日一回のお諭しはすること」
と,九州で,お出ましになった方は,近くの土地神様(氏神様)。
この方は,以前,職場が変わったばかりの時に,職場からよく見えるちょっと有名な山の土地神様(氏神)が私に来られた事があって,その方のお知り合いとのこと。
それできたそうです。救ってほしいようでした。
そして,長崎の山々を走り回っている(イメージしたことです。)狸の方々,そのリーダーは御神霊でした。

☆番外
この事は,1日一回のお諭しではないのです。
次の日には,まったく普通に戻りました。

それは,夜中の2時頃,突然目がさめると,のどが詰まったようになっており,鼻も通りづらくなり呼吸が苦しくなりました。
眠れない状態になり,非常に苦しくて,しばらく悶々としていました。
まず,自分でできることをさせていただこうと思い,“鏡”を使うことにし,お出ましいただきました。
現れたのは,私を怨んでいる御神霊で,「今日,おまえを殺すつもりだ。」と,言ってきます。
鏡をやっていて初めて恐怖を感じました。
私の知っている限りの知識を使い,お諭しさせていただきました。
なんとかいつものお諭しのパターンに入ったときはホッとしました。
終わった後は,のども鼻の通りも元に戻り,すぐに熟睡することができました。
“お諭しの力”を身をもって体験させていただきました。

もうそろそろ「1日一回のお諭しはもういい」という声が聞こえるのを期待しているのですが。(半分冗談,半分本気)


伊達正宗が出て来られてときは,本当に驚きました。
しかも仙台でしたので,できすぎです。
でも,私がいつも思っていることは、ブログの最初書いてある通りです。
本当かどうかは分からない。
起こったこと,出来事は事実です。

この後,十月下旬に,いつものようにお諭しをしようとしたら,また頭に響いた声がありました。
もう終わりと。
一応試したのですが,もう鏡の反応もありませんでした。

“お諭し”ですが,この会では,言葉通り,ご霊さんや御神霊を諭す方法です。
それなりのものを見せていただきました。
けれども,この会を脱会した時に,疑問だったことがこのお諭しです。

後になって,総べてが,間違っているわけではない。総べてが正しいわけではない。
このことを気付いた時にわかりました。
いずれ載せていただきます。

このころは完全に修業中でしたね。
今も修業中ですが。

起こったこと,与えられたこと,総べてのことを受け入れ感謝します。
ありがとうございます。

air_rank[1]

スポンサーサイト
[ 2013/02/03 16:38 ] 真理=神理 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/7-4b76faf0













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。