PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

川中島2と戸隠神社

本当かどうかは分からない
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

前回の続きです。

次の日,当然,一泊した松本から出発し,再び当初の予定になった川中島の古戦場です。

前日の約束を果たすべく川中島神社にお参りし,できる限りのことを助けるべく行います。
その内容は,うまく表現できません。
それというのは,うまく言語にできないからです。
言葉では,すべてを表すことはできません。
強いて表せば‟思念”念です。
無理して言語に表すと‟お詫び”そして‟感謝”です。その対象は‟神々”です。


この言語にできないことについては,これから具体的に示していこうと思います。

この時は,一応救うことできたサインは頂きましたが,ちょっとした邪魔が入って私が集中しきれないことがあり,完全に救うことができたかどうか,どうか?でした。
ちょっと気分的にすっきしませんでした。

この後,戸隠神社の奥社の参拝に向かいました。
奥社は徒歩で駐車場から約30分かかり,奥社の近くは上り坂の階段が続きます。

奥社で参拝していた時です。
お参りを許されたことを感謝していました。
その時,川中島のことを思い起こしました。
すると頭にはっきりと響いた言葉がありました。
‟もう大丈夫だ。後は我々が行う。そなたの役割は終わった。”
この言葉を聞いてほっとししました。
川中島の方々(あの場所に残っていた念)が昇華できたと確信できたからです。

その後,昼には戸隠そばを食べ,すべての御社に参拝し帰路につきました。
充実した旅でした。


※悔しかったこと
松本市に一泊したとき夜は松本市の有名な居酒屋,卯屋さんにお伺いしました。
マスターが秋田県の隣と岩手県出身ということもあり特に相棒が話が合い,貴重なマツタケのフライを2つサービスでいただきました。
私が1ついただきました。私は手術で臭覚を失ったいましたので何もわかりません。
相棒は食べたときにすごいいい香りと言って美味そうです。
‟うらやましい”の一言でした。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
[ 2015/11/27 20:36 ] チャネリング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/76-939c4374













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。