FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手術2

本当かどうかは分からない
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。
本当かどうかは分からない

以前載せた「プチ奇跡世界本山」の続きです。

仮退院後,手術になります。
手術することに関してどこか納得できない自分がいました。
・薬は毒である。
・医者にかかる必要はない。手かざしを受けていれば大丈夫。
これが,入会した当時の真光教団(今は崇教眞光でも私が入会したころは世界真光教団でしたので真光教団にします。)の教えだったからです。(今は違っているようです。)
この考えがその時は私にしみこんでいたからです。(今は違います。)
そのためです。
手術することが決まっているにもかかわらず直前に医者に訴えました。
手術をしたくないと。
今思えば,洗脳されていたアホだったのでしょうね。

担当の医師に尋ねました。
私は手術で死ぬことがありますか。
答えは「手術では死なない。」

手術 では です。
手術以外では死ぬ確率があるのでないかと思いましたがその時は怖くて聞けませんでした。

手術は14時間以上かかったようです。
午前9時に手術に運ばれ,麻酔投薬から手術は始まります。
最初の4時間は脳神経外科の先生の手術です。
その後は耳鼻咽喉科の先生の手術です。
手術の内容は
・左目の上部と脳の間にあるその骨に癌細胞が入り込んでいる部分の頭蓋骨を切るために,頭蓋骨の前部を切り,脳を上にあげ,癌に侵されている部分を取り除く。
・癌細胞のある鼻腔の腫瘍,左の眼球,その眼底,そして左の上顎を取り除く。
・腹部の脂肪をとりそれを手術で取り除いた箇所に埋め込んでいく。
これで手術終了です。

私は,麻酔のおかげで手術中のことは全く何も覚えていませんし,手術後,2日間は意識がなかったので私周囲に何が起こったのか覚えていません。

私に付き添い看病した母,叔父,そして○さんは大変だったと思います。
感謝します。ありがとうございます。

この時が私の最初の人生が終わった時だと思っています。
この後が第2の人生だと思っています。
(その後第3の人生もありますが。)

第2人生は刺激的です。(自信はない。)
・チャネラーの能力が開花した。(まだ不十分だと思っています。)
・神社,氏神様と交流ができているよう気がしていること。
上記の事を自信もって言えることができるようになることを私自身が願っています。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。

スポンサーサイト
[ 2016/02/09 01:00 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/82-c86b24b3













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。