FC2ブログ
PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なにが正しくて,何が間違い。2

本当かどうかはわからない。
起こったこと,出来事は事実です。
air_rank[1]  ← 私の励みになります。クリックお願いします。

「なにが正しくて,なにが間違い」
の続きです

戦争について絶対悪ではないと書きましたが。
私個人は,戦争が正しいとは思っていません。絶対悪ではないと述べたのです。
誤解がありませんように。

何が正しくて,何が間違っているのか。
絶対善,絶対悪はない。
どっちも正しく,どっちも間違っている。
この理屈が人間界のすべての行動の原点になれば,簡単に人間界の秩序は崩壊するでしょう。
そして,秩序の無い,無秩序の世界になってしまいます。
そのため,過去は支配者が,良いか悪いのかはわからないが,基準をつくり秩序を保ってきました。
そこには,人の感情や,哲学,宗教など諸々の事が絡んできたのでしょう。
そして,世界中のあらゆる場所で,その場所によって基準が創られた。

現代,近代では,その秩序を保つためにあるのが“法”だと思います。
神々の世界に絶対善,絶対悪は無くても,人間界では,善悪を決める基準が“法”でしょう。国際法,憲法,法律,条例,細かなことを言えば町内会の取り決めなど。

某近辺の国では,法(国際法など)を(国民の)感情で覆すことをする司法が存在するようです。神々の世界では,関係ないのですが,人間界ではどうなのでしょうか。

起こったこと,与えられたこと総べて受け入れ,神々に感謝いたします。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
[ 2016/04/25 00:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirorisu535.blog.fc2.com/tb.php/88-306f6f05













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。